タグ:初体験 ( 19 ) タグの人気記事

前回までのあらすじ)

日に焼けて真っ赤になったその2に「皮がむけて脱皮するんじゃない?」
と言ったらば、脱皮をすると何かに変身するんじゃないか・・・と
その2は内心わくわくしてるのである。

わたし「じゃあさ~、その2は脱皮したら何になりたい?」
その2「う~ん、恐竜。肉食恐竜のティラノザウルス!」
わたし「でもさ~、その2、お刺身の魚も好きじゃない?魚食恐竜じゃなあい?」
    (魚を喰らっても肉食に変わりはないのだろうけど・・・)
その2「うん!魚、好き!!ご飯も好き!お寿司も好き!!!」
わたし「じゃあ米食恐竜だ。」
    (いえいえ、こういう場合も草食というのでは?でも野菜は嫌いだし。好きなのはご飯だからなあ)
その2「米食恐竜になる・・・・・でも・・・・でも・・・」
わたし「どうしたの?」
その2「脱皮して変身しちゃったら、保育園に行ったときに誰もオレってわからなくなっちゃうかも」
わたし「大丈夫だよ~、どんな姿でもその2はその2だよ~」
その2「がおーって言っても?」
わたし「大丈夫だよ、その2の声だよ」
その2「でも・・・やっぱり脱皮はやめとく」
わたし「あ、そうなの、残念だなあ」

ま、皮がむけても人間は人間のままですから。
大丈夫、心配に及びません。
変わったところで、一皮むけて大人になるくらいだから。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-08-10 08:10
週末に屋外プールに出かけたのである。
猛暑続きの毎日。
ギラギラしすぎて眩しい日差しの中、きらきらした青い水でますます目が開けられない。
ゴーグルをつければブクンと潜った水の中こそ、目がしっかり開けられるのであった。

真っ青な空のもと、青い水のなかで暴れて、
プールサイドでブルーハワイのかき氷を食べる。
つきだした舌は根本まで真っ青。
涼しげな青に包まれて、笑い転げた至福の夏休みの一日であった。

しかし、焼けた。
日焼け止めなんて透過して焼け付く日差しに、顔も手足も真っ赤。
プールをあがったら一面真っ赤な世界になってしまった。
その2なんてゴーグルの跡がくっきり、パンダみたいになってしまった。

わたし「うわ。こりゃ、皮がむけるんじゃない?脱皮するよ」
その2「人間も脱皮するの?」
わたし「するする!白い皮がポロポロむける!」
その2「え~。じゃ、脱皮したらオレ、何になるかな?」

その2,脱皮して別の何かに変身すると思っているようである・・・
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-08-09 06:12
保育園を休んで、楽しい「おたふくゴールデンウイーク」を満喫しているその2の横で、
その1が

「おれ、おたふく風邪、二年になってからかかれば良かった・・・・」

その1のおたふくの期間は一年生最後の終業式の日からの春休み中であった。
学校を全く休んだ気がしない。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-05-17 06:14
その2、おたふくにかかる。
その1がかかったときには伝染らなかったくせに、
保育園でもらってきたのである。

おたふくは年齢が高くなればなるほど重症になるそうであるが、
そのせいか、その1よりもその2のほうが症状が軽い。

楽しいその1のおたふく生活を見た後である。
その2、おたふくと聞いてほくそ笑む。

ゴールデンウイークふたたび。


関連記事・・・「その1、おたふくになる」
        「この際だから」
         「その1、治った」
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-05-14 13:02
その1がおたふく風邪になってから、
腫れが完全にひくまで一週間かかった。
ようやく耳下腺は押さえても痛くない。
結構、長かったなぁ。

ゲームしちゃ、ダラダラ。
ヨーグルトやプリン食べちゃ、ごろごろ。
華麗なる怠惰な一週間。

あれ?
その1、腫れ、退いたんだよね?
でも顔、まだぷっくりじゃない?
その1・・・太った?
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-03-29 06:41
その1がどこでもらってきたか、おたふく風邪にかかる。
ぽちぽちと流行しているそうだ。

耳下腺が腫れてきて痛い痛いと言いだしたら、
みるみる内に顔がまん丸に変わってきた。
病院で「おたふく」と判明。

家で安静にしているように、と言われる。
・・・今まで元気すぎて病欠というものをしたことが無いその1、学校を休む。
そしてどこにも行けず、やることも無いのでゲームをして時間をつぶす。

頬が痛くて咀嚼できないので、柔らかいものだけを食べる。
・・・ヨーグルトやプリンやアイスクリームといった美味しいものだけを食べる。

ああなんて!
おたふく風邪って、素敵なんだ!!!!
おたふく風邪ってホントにお「多福」風邪なんだ!!
(あくまで症状の軽い人の感想です)

まるで欲張りなリスが頬に木の実をいっぱい詰め込んだまま、
ゲーム三昧の冬ごもりをしているみたいだ。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-03-25 05:34
その1と一緒にコンビニエンスストアに行く。
その1はパパ親からもらった150円+オマケの10円=160円を持ってお出かけだ。
好きなお菓子を買っていいともらったお小遣い。

コンビニまで行く道すがら。
どのお菓子を買うかであれやこれやで楽しくなっているらしい。

その1「かあさん、10円ガムのソーダ味があるの、知ってる?」
わたし「知らなかった」
その1「おいしーんだよ。この前、オレもらったの。食べてみなよ。
    そうだ、パパにオマケの10円もらったからそれで買いなよ」
わたし「え、その1のおごりって事か!」
その1「おごりって何?」
わたし「ん~、ごちそうしてあげる事かな」

コンビニに着く。
お菓子の売ってある棚に直行して、下の段から10円ガムを1つ取り出した。

その1「ほら、これがソーダ味。これで買いなよ」

その1にガムと10円をポンと手のひらにのせられる。
ちょ、ちょっと。大人が10円ガムを10円もってレジに行けというのか!!!

わたし「わー、嬉しいけど、その1が一緒に買ってよ。大人が10円ガム一つ買うの恥ずかしいよ」

もらった10円をその1に戻す。
その1はお気に入りのグミの一袋(100円)をさっと選ぶと、後は何にしようか物色する。
21円のチロルチョコを手に取り、眺めている。

その1「これにしようかな。これ21円でしょ。グミ100円、かあさんのガム10円。131円、足りる」
わたし「100円玉と50円玉でいけるじゃない?」
その1「うん、・・・でも、やっぱ やめる」

その1は気が変わったのか、チロルチョコを元に戻すと棚の裏側に回っていった。
ベビースターラーメン、チキン味を見つける。

その1「こっちにする。」

グミ100円、ベビースターラーメン53円。ガム10円。

その1「163円」

その1、しばし固まる。

わたし「あのさ~、今日はさ、かあさん、ガムを我慢するよ。今日はやめとく」
その1「ありがと!!!」

わたしはすごく残念そうにガムを棚にもどした。
ニコニコしながらその1は小銭とお菓子を手にレジに並ぶ。

ホントにすごく残念だったんだよ、わたしは。
ガムが食べられなくて・・・じゃなくて息子におごってもらう貴重な初体験を逃したからさ。
[PR]
朝、その2と保育園に行った。
その2の友達A君が一足先に来ていて、教室に入る私たちを迎えてくれた。

友達A君「おはよう。ね、なんかお願い事、ある?
      ボク、今日、神様持ってるから、願いを叶えてあげるよ」
わたし  「へえ、神様、持ってるんだ?」
友達A君「そう。ね、お願い事、ある?」
わたし  「そうだな~。お絵かきがじょうずになりますように」
友達A君「わかった。じゃあ、その2君は?」
その2  「仮面ライダーキバになれますように!」
友達A君「わかった。二人とも、これに頼んで!」

そういうと、友達A君はおもむろに自分のリュックサックを掲げ持ち、
ついているお守りを振りかざした。

持ち運び神様は”お守り”の事らしい。

わたしとその2はリュックにについたお守りに頭を垂れ、
それぞれのお願いを声を出してお願いした。

わたし「お絵かきがじょうずになりますように」
その2「仮面ライダーキバになれますように」

言い終わると友達A君はリュックをブンブン振って
お守りについた鈴をチリリーンとならしてくれた。

朝の保育園の教室の片隅でその神事は厳かに行われたのであった。
願い事、かないますように・・・・
[PR]
by genkiyohou-shi | 2009-09-17 06:19
初の夏休みも今日でおしまい。
その1はこの上なく楽しかった様子。
昨夜は夏休みがいよいよ終わると実感したのか、カレンダーをめくっては
「次って長いお休みいつなの?」と冬休みの存在を聞いていた。
夏休みほど、長くないも~ん。

その2は「保育園、行かないよっ!!」が口癖になってしまっている。
その2は出かけもしたが、おにーちゃんほど夏休みではない。
しかし自分の家に居ても親戚のお姉ちゃんが泊まりに来ていたりして、
保育園に行っていても帰ればいつもとは違うという夏休み気分もあったのだ。

けれども今日でおしまい。
残念でした~。

大人たちは初の夏休みというイベントに疲れてしまったのだよ。
これがまた先も続くのか・・・
やれやれと思いつつ、最後のお役目。
その1の宿題の手伝い。

そうなんです、まだ終わってないの、宿題・・・。
たいしてないのに・・・終わらないの。
本人以外が焦っているの・・・
[PR]
by genkiyohou-shi | 2009-08-31 05:52
その1はただ今、ゲームに凝っている。
DSはもとより、uno、囲碁、将棋・・・と古典的なものまで幅広く興味を持ちだした。
囲碁はアニメの「ヒカルの碁」を見て興味を持ったのだ。
で、囲碁をやってみたくなったが、知っている人がいない。
将棋ならば多少いて、児童館で将棋を習ってきた。

とうとう、パパ親に安い将棋盤を買ってもらうと「将棋を指そうよ」としきりに誘うようになった。
先日はパパ親相手に一指しして、ちょいと手応えのある勝負をしたそうな。

パパ親「あのその1が将棋をやろうと言い出すんだからね、
     あいつも大人になったよなあ~」
わたし「でもさ~、将棋をやろうと言い出すのが大人になった条件と言うのならさ~
    わたしよりその1が「大人」って事なんだよな~」

パパ親、爆笑。
・・・・わたし、将棋、全くやったことナシ。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2009-07-28 04:58