<   2010年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

先日、その2の保育園の友達とママたちとみんなで集う機会があった。
その1も付いてきた。

その1は小さい子の面倒を見るのが本当に好き。
おどけて見せてちび達を笑わせるのが本当に好き。
ギターも弾けるから保育園の先生にでもなったら?とわたしが言うくらい。

今日も保育園児の集まりにお兄さんはその1だけだったので
いつものようにみんなの相手をしてやった。
保育園男児達はその1にじゃれてつかまり、叩いたり乗っかったり・・・
そのうち加減と容赦がなくなってきて、
その1はみんなに囲まれ洋服は引っ張られ
ポカスカ殴られている。

それでも小学二年男児のその1には、
まぁ普通に耐えられる日常の暴力の範囲内で
笑いながら叩かれていた。

ちと痛いけど、ま、大丈夫の範囲なのだ。
ちび好きのその1には
「こいつらったら仕方ないな・・・」の範疇である。
大勢に囲まれて「オレって人気者?」の心境である。

しかし、見ていた弟のその2にしたら
兄がボコボコにされているとしか思えなかったようであった。

その2「やめてよ~~!!みんな、やめてよ~~!!!」

叫んでやめさせようとしたが、ふざけたちび男子に歯止めは効かない。
とうとう、その2が泣き出してしまったのである。
泣いたその2に驚いて、みなでのおふざけは終わった。

しかし、その2はその後もしばらくシクシク泣いていた。
家に戻ってからもまだ、思い出しては泣いていた。

わたし「その1,大丈夫だよ。ふざけてただけだからさ~」
その1「オレ、平気だよ」
その2「・・・」
わたし「いつもはその2はお兄ちゃん、大嫌いなのにね」
その2「おにーちゃんがいいよ~。おにーちゃんがいいよ~(泣)」
わたし「あれ、お兄ちゃんがいいの?お兄ちゃんが大好きなの?」
その2「おにーちゃんがいいよ~。嫌な時もちょっとあるけど
    おにーちゃんがいいよ~!!うわ~ん!!!(泣)」

しばらくまた泣いていたが、泣き終わるとわたしに言った。

その2「あのさ、オレさ、今日お兄ちゃん助けたんだ。
    ママ、カレンダーに”おにいちゃんを助けた日”って書いておいて」
わたし「うん、うん、書いとく」
    (その2はオレの泣くほどの必死の制止により兄を助けたと思っている)

カレンダーに赤いボールペンで「おにいちゃんを助けた日」と書いてやる。
今日より歴史的記念日。

書き込むわたしを見ながら
「オレ、助けられてないけど」と
その1が言った。
[PR]
その1が誕生日だった。
誕生日のプレゼントに腕時計をもらった。
とても気に入る。

もらったその日から腕に付け、寝る直前までつけていた。
翌朝も起きるやいなや手に持って、朝食の食卓まで出てきた。
そしてとても優雅にご飯を食べ出した。

その1は、いつも着替えや食事やトイレ時間の配分も、
出かける時間にも気にせず
ちんたら朝を過ごすので、毎日わたしが急かして送り出す。

わたし「あのさ~。
    せっかくいい物、いただいた訳だから
    自分で時間を気にしてねっ!!!」

わたしがそう言うと、その1はハッとしたように部屋の壁時計を見て
その後自分の腕時計に目をやった。

その1「・・・あ、二分遅れてる!」


あ、そういう意味で時計を気にするのではなく・・・
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-10-29 06:17
    
    チッ・チッ・チッ・チッ

わたし「早く片付けなさいよ!!」

    チッ・チッ・チッ・チッ・・・・

わたし「何か、音、しない?何?これ?」

    チッ・チッ・チッ・チッ・・・・

わたし「何の音なの?時限爆弾がどこかにあるみたいな音だぞ?」

    チッ・チッ・チッ・・・

わたし「誰かキッチンタイマー、かけたんでしょう?
    その2でしょ~?どこに隠したの?遊んでないで!
    ほら、片付けながら出して!!!」

    チッ・チッ・チッ・チッ・・・・

わたし「どこ?どこにかくしたのっ?遊んでないで片付けるっ!」



ジリジリジリジリー!!!!!

わたし「こら~~~~!!!!! 
    その2!!!
    止めなさ~い!!
    かたづけなさ~~い!!!」


その1「かあちゃんが爆発した・・・」
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-10-28 04:56 | ワタクシゴト
サッカーに凝っているその1である。
仲良し3人組で「サッカーの必殺技を考えたんだよ!」と得意げに話す。

この間、あまりに熱中しすぎて3人で必殺技の練習をしていたので、
ちょっと友達に迷惑をかけたようだ。
サッカーに熱中しすぎだ、人の話も聞けと責められて
その1が謝った。

「ゴメン。・・・オレ、ボールを見るとどうもじっとしてられないんだ・・・・」

と言うと隣にいた仲良し3人組の一員が

「オレもなんだ・・・」

と次々に告白。
ボールを見るとじっとしていられないと言う、犬並みの習性の告白であった。

友達は仕方ないなという顔をして許してくれたそうだ。

「行け!」
ボールを追っかけて行く3人組のかけ声がワンワンと聞こえる。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-10-25 06:14
その1の食卓の下に食べこぼしがあんまりひどかったので
ちょっとお小言を言う。

わたし「こら、そんなに落として!
    ちゃんと行儀よくテーブルの上で食べてちょうだい!
    掃除機かけるの大変なんだからねっ!」
その2「そうだよっ!パパにお尻ペンペンしてくださいって
    申し込んでおくからね」
わたし「申し込む・・・の?」

その2、どうやらパパに告げ口して「言っておく」というつもりだったの
だろうけど「申し込み」の言葉を使ってしまった。

わたし「お尻ペンペンって申し込み制なの? 
    じゃ、申請書、出しとく。その2、書いてね」
その2「わかった。書く」
その1「え~!!!」

以後、お仕置きには申請書を。
大量に用紙が必要かも・・・


               申請書
                   

                       
         悪いこと           をしたので
         お尻ペンペンをしてください。
         よろしくお願いします。


          
             申請者:               
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-10-22 12:27
もし仮に
人間を2つのタイプに分類するとしたら、
一つは「世界なんてどうなってもいいタイプ」と
もう一つは「世界の平和は自分が守るタイプ」に分けられる。

絶対、「世界なんてどうなってもいいタイプ」なその1は
今朝も起こしたのにもかかわらず、
着替える時間がなくなりそうだ・・・とか、
朝食を食べる時間がなくなりそうだ・・・とか
結果、学校に遅刻しそうだとか・・・
そんなこと、
つまりは「世界がどうなろうと今のオレにはどうでもよくって、
ただただ眠っていたいだけなんだよう、起こすんじゃねぇ」タイプとして爆睡中なのである。

一方、「世界の平和は自分が守るタイプ」のわたしは、
今朝も早く起きて朝食を作る。
平和と安全は、なじみあるもの、繰り返されるものの中にあるのだ。
何気なく、何の変哲もない作業に平和が宿る。

世界の平和を守るため、
家庭の平和を作り出すために、
毎日変わらぬ日常を作り出すために、
お母さんたちは今日もご飯を作っている。

ああ、今日も世界は壊れませんように。


・・・・
「その1、いいかげんに起きろっ!!」
これも、日常。繰り返される作業の一つ。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-10-19 05:14 | ワタクシゴト
レンタカーという便利なシステムがあって、
旅先でも車が借りられて使えるんだよ・・・という話をその1としていた。

わたし「という訳で、車はどこでも借りて乗れるのだ。便利だな~
    それに、ママが聞いたところによると
    最近はずいぶん借りれるところも増えたし、
    その1の好きそうなかっこいい車なんかも
    貸してくれるみたいだよ!!」
その1「・・・でも・・・やっぱ、借りちゃダメだよ」
わたし「なんで?」
その1「借りた車って爆弾が仕掛けられてて爆発しちゃうんだよね」
わたし「へ?」
その1「車は借りると爆弾が仕掛けられてるってテレビでやってたもん」
わたし「ニュースで?」
その1「コナン君で!」

名探偵コナンのテレビアニメでそうなったらしい。
オレの聞いてきたの、それ、一般的じゃないよ。
・・・かなり特殊なケースだと思う。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-10-18 07:05
その2「どうして髪の毛って頭に生えてるの?」
わたし「大切なところには毛が生えてるんだ。
    強い力で揺さぶられたりしても大丈夫なように
    ぶつかっても傷がつかないように、
    毛が守っているんだよ。」
その2「でも、頭だけ?
    命だって大切じゃん。心臓だって大切じゃん!
死なないようにさ。」
わたし「そうだね、だから時々、心臓にも毛が生えてる人、いるよ。
    そういう人は大概・・・生命力は強い。」
その2「やっぱりね」
わたし「うん」
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-10-15 06:06 | ワタクシゴト
その2「マイケル・ジャクソンって死んじゃったんだよね!」
わたし「そうだね~悲しいよね。
    マイケル、歌もダンスも上手だったよね~。」
その2「だからねー、ほら、おばけになってこうして踊っているんだよ」

その2、
マイケル・ジャクソンの「スリラー」のミュージックビデオをみながら、こう言った。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-10-14 06:25
鉄お尻 【てつおしり】 [名]

石頭(いしあたま)に対抗するべく生まれた
体の一部の武器。
石のように堅い頭を持つ兄に対し、鉄のように堅い尻を持つ弟。
どっちも甲乙つけられない位、堅そうだなぁ・・・
そんな兄弟ってなんだかマンガのキャラクターに出てきそうだけど、
いったいどんな話の登場人物にしたらいいのだ?

その2用語。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-10-13 06:33 | UTIPEDIA(