<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

机周りを整理していたら、
その1の名入り鉛筆が転がっていた。
小学校に入学するときに保育園で記念にもらったものだ。
そう言えば、昔は名入り鉛筆やら標語いり鉛筆、学校名入り、店名入りなどを、
なにかと文字の刻印された鉛筆をイベントごとにもらったものだったなぁ。
運動会やら交通安全週間とかにさ。

今は鉛筆をあまり使わなくなってきたせいなのか、
銘の刻んだ鉛筆をもらうことは無くなった。
交通安全協会からの鉛筆なんて
「お先にどうぞ」「ありがとう」とか刻んであった気がする。

それを思い出すとすごく面白くて、
その1の鉛筆に12本分、いろいろ標語やらを刻んで新学期に贈りたくなってしまった。

母からの愛情標語鉛筆セット
「今日の晩ごはん、ハンバーグだぞ」・・・・5時間目、6時間目の集中力の切れた時に使ってもらう。
「まよったら、3番にしとけば?」・・・・テストの時に使ってもらう。
「かあさんはあなたが大好きよ」・・・・落としたら拾ってもらうのが恥ずかしい。鉛筆忘れた子に貸せない。
「つまんないと思っているのは君だけじゃない」・・・先生に見つかりませんように。
「宿題、先にすませちゃえば?」・・・・もう、わたしが言うのは嫌だから読んでもらう。しかし、この鉛筆、捨てられたりして。


ああ、次々浮かんでくる文句に自分で笑いながら、
何ダースか作ってママ友達にプレゼントしようかと思ったりして・・・。
子供は使わないって・・
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-05-31 06:57 | ワタクシゴト
その2「オレ、ママの携帯になるね~
     ♪リンガディントンリンガディンディントン!
     ♪リンガディントンリンガディンディントン!」

   あ、ありがとう。

わたし「プチッ(電源OFF)」

   だって、その2携帯うるさいから・・・・

docomoの木村カエラさんのCMの真似
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-05-28 05:36
わたし「鏡よ、鏡。この世で一番、朝寝坊なのは、誰?」
 鏡 「はい、お后さま。それはその1さまでございます。」
わたし「そうであろう、そうであろう。
    ああ、憎らしい。あやつを毎朝、起こさねばならぬ事を思うだけで憎らしい。」
 鏡 「では、お后。いっそのこと、毒リンゴでも作って・・・」
わたし「え~、だって毒リンゴ作って食べさせると、
    喉に詰まらせてずっと寝ちゃうんでしょ~?」
 鏡 「あ、そうでしたそうでした。忘れてました。寝ちゃ困るんでしたよね?」
わたし「そうよ。絶対に嫌!」
 鏡 「じゃ、目覚めのキスを!」
わたし「あたしが~?え~?毎朝~?え~?」
 鏡 「目覚めさせるには、キスと決まっておりますから・・・はい」

しぶしぶ、布団で大の字なその1の枕元に座り、いざ目覚めのキスを・・・

その1「どひゃ~!なんだよ、かあちゃん」・・・飛び起きる。

わたし「鏡~!目覚めのキスをする前に起きたよ~!ばんざ~い」
 鏡 「はっはっは、それは良うございました。
    これがもし、怖いお后さまでなくかわいい恋人の白雪姫さまが
    お目覚めのキスをするのでしたら、その1さま、またまた夢の中にと
    落ちてゆくのでございましょうね~」
わたし「・・・その2っ!この鏡を壊しておしまいっ!」
 鏡 「ああ、その2さま、それだけは。あ、、やめてマジックで描くのも!
    あ、うがいした水を吹きかけるのも・・・!」


童話な関連記事・・・「口は災いを呼ぶよ、赤ずきんちゃん」
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-05-26 06:06
ドサ降り  【どさぶり】 [名]

通常「土砂降り(どしゃぶり)」と言われる、雨が強く沢山降る様子。
雨がドサっと沢山降るためこう呼ばれる。
その2用語。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-05-25 05:12 | UTIPEDIA(
その1が何をするにも傍らに
「イナズマイレブンのゲームの攻略本」を開きながらするので、
とうとうわたしが怒った。

時間割を揃えるときも。
「いい加減に本を閉じなさい!」

食事をするときにも。
「閉じなさい!」

着替えるときにも。
「閉じなさい!」

ふと、その1を見ると
本はそのままに、、目を閉じてじっとしていた。

よほど本を閉じるのは嫌らしい。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-05-24 05:28
f0199186_5421151.jpg







運送会社さんからラベルをもらう。
寝る前にその1,その2達のおでこにでも貼ってやろうかと思う。
そう思うほどの彼らのすごい寝相。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-05-21 05:42
その2と動物図鑑でキリンをさがしている。

その2「キリンはどこに載っているのかな~」
わたし「目次でさがしてごらん。いちばん最初のほうのページだよ。」
その2「き・・り・・ん・・・」
わたし「ほらほら、ここ。88ページに載ってますよって目次にかいてある。
    88ページを開いてごらん」
その2「うん、わかった。オレがページをめくるからママもほら、一緒に数えてね!
    い~ち、に~、さぁ~ん・・・」

・・・!!!!
わたし、88ページまで数えたくありません。
あのさ、本って下の方にページ数が書いてあるんだよう!!
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-05-19 05:42
保育園を休んで、楽しい「おたふくゴールデンウイーク」を満喫しているその2の横で、
その1が

「おれ、おたふく風邪、二年になってからかかれば良かった・・・・」

その1のおたふくの期間は一年生最後の終業式の日からの春休み中であった。
学校を全く休んだ気がしない。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-05-17 06:14
その2、おたふくにかかる。
その1がかかったときには伝染らなかったくせに、
保育園でもらってきたのである。

おたふくは年齢が高くなればなるほど重症になるそうであるが、
そのせいか、その1よりもその2のほうが症状が軽い。

楽しいその1のおたふく生活を見た後である。
その2、おたふくと聞いてほくそ笑む。

ゴールデンウイークふたたび。


関連記事・・・「その1、おたふくになる」
        「この際だから」
         「その1、治った」
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-05-14 13:02
宿題をしていたその1。
今日は国語。
あんまり得意ではない。
文章を書いている内に、同じ記述が繰り返し出てきたり、
字が抜けていたりする。

わたし「ほら、ここも字が抜けてるよ。全部消して書き直さないと」
その1「う~、全部消すの~」

自分の書いた答案の全文を消すのがもったいない。
消しゴムを使うのも面倒臭い。
回答の足りない字を継ぎ足し、継ぎ足しして整えていたものの
やっぱり直しきれなくなって全文消す羽目になる。

とうとうミッキーマウス形の消しゴムでゴシゴシし始めた。
ミッキーの耳がすり減っていく。

わたし「いいの?ミッキーの形が変わっちゃうけど?
    普通の四角い消しゴム使った方がいいんじゃない?」
その1「いいの、いいの。これ、その2のだから!」

・・・いいの?
他人のなら存分に使える。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2010-05-12 04:48