<   2009年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

夏休みの子供のいる、おかーさんに
小さな豆電球をつけたら、いつもジィっとちいさな明かりがともっているかもしれない。
発電してて。

デンキウナギってずっとは発電してないのでしょ?
驚いたりしたら、電気を発するのかしら?
微々たる電気はいつも発しているのかしら?

夏休み中、子供につきあわされていつもイライラしてて
おかーさんは、発電しているかも知れない。
で、時々、すんごく怒って豆電球のフィラメントがブチっと切れるんだ。

それで家中、しばし停電。
シーン。

へっへっへ。気をつけとくよ。
家がほの明るい位にしとくよ、発電。
[PR]
その1が宿題をやっている。
さんすうの足し算の計算問題だ。

その1「オレの頭の計算機が働いてるぜ~」

なにやら調子良さそうな声に、その1の様子を伺うと、
プリントを広げて、鉛筆もった姿で固まっている。
計算機に今、電源入れたところらしい。
接触がどうも悪い。

引き算になると、さらに悪い。

計算機には神経集中と雑念を払う必要がある。
立ち上がりには勢いをつける必要がある。

「オレの計算機はすごいぜ~」

前置きだけでそのすごい計算機は威力をなかなか発揮しない。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2009-07-30 05:50
問題)
次の文章はある家庭における日常生活の場面を描写しています。
会話文の中で空白の箇所がいくつかありますが、
「早くしてよ!」という会話文が正しく当てはまるのは、
空欄A~Gの内、どれでしょう。正解を答えなさい。


毎日が何時だって準備であわただしい。
今日だってもう出かけようという時間なのに、まだ準備が出来ていない。
わたし「その1、着替えたの?トイレは?」
その1「まだ」
わたし「    A      」
その2「おにーちゃん、バ~カ」
わたし「いちいち、うるさい!その2は?靴下、はいてないじゃない!!」
その2「今、やってる!」
わたし「    B      」
その1「あれ、帽子がない」
わたし「    C      」
その2「もう行くよ~」
わたし「あ、鍵、忘れた」
その1「    D      」
わたし「ごめんごめん」

こんな調子で朝が始まり、みんなが帰ってきたらきたで、

わたし「おかえり~」
その1「お腹すいた~なんか無い?」
わたし「もうご飯だから」
その2「お腹すいた~」
わたし「今、やってる!」
その1「    E     」
わたし「ちょっとさ~待ってよ~」
その2「    F     」
わたし「うるさいっ!」

と、一日に「    G    」の言葉は何回出るのだろう。


回答欄)


この問題は、回答が一つに特定しにくいとの指摘をうけ、採点の範囲外となりました。
すべての受験生に10点が加算されます。

[PR]
by genkiyohou-shi | 2009-07-29 06:13
その1はただ今、ゲームに凝っている。
DSはもとより、uno、囲碁、将棋・・・と古典的なものまで幅広く興味を持ちだした。
囲碁はアニメの「ヒカルの碁」を見て興味を持ったのだ。
で、囲碁をやってみたくなったが、知っている人がいない。
将棋ならば多少いて、児童館で将棋を習ってきた。

とうとう、パパ親に安い将棋盤を買ってもらうと「将棋を指そうよ」としきりに誘うようになった。
先日はパパ親相手に一指しして、ちょいと手応えのある勝負をしたそうな。

パパ親「あのその1が将棋をやろうと言い出すんだからね、
     あいつも大人になったよなあ~」
わたし「でもさ~、将棋をやろうと言い出すのが大人になった条件と言うのならさ~
    わたしよりその1が「大人」って事なんだよな~」

パパ親、爆笑。
・・・・わたし、将棋、全くやったことナシ。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2009-07-28 04:58
(その1編)
その1がうがい薬を使おうとして、薬のキャップの目盛りを熱心にみていた。
自分の使う薬の量を測るためらしい。
目の高さまで薬瓶とキャップを掲げて真剣に測っている。
キャップには2本のラインが刻まれていて、
下のラインに”こども”。上には”おとな”と書いてある。

その1「え~っと、オレは6歳だからこどもとおとなの真ん中。
    これくらいかなっ・・・と」

どうも6歳は子供以上大人未満らしい。

(その2編)
その2「その2がさ~、子供だった頃にさ~」
わたし「え、その2、もう子供じゃないの?」
その2「違うよ~子供じゃないよ~」
わたし「え、じゃあ何なの?」
その2「え、”おにーちゃん”だよ」
わたし「”おにーちゃん”って言うのは子供じゃないんだ~??」
その2「そう、違うの。その2はもう”おにーちゃん”なの」

どうも子供と大人の間に”おにーちゃん”というカテゴリーが存在するらしい。

じゃあ、じゃあ、教えて。
家の”こども”って誰なの?いないの?
[PR]
by genkiyohou-shi | 2009-07-27 05:48
子供たちと買い物に行くのは嫌いだ。
余計な物を買わされるから。
しかし子供たちは親と買い物に行くのが大好きだ。
運が良ければ自分の好きな物が買えるから。

スーパーで日常の食材の買い物をしているときは、熾烈な攻防戦が繰り広げられる。
わたしがカゴを下げて商品を物色し始めると、子供たちはさーっとスーパー内に散らばり、
手に手にお好みの商品をつかんで、戻ってくる。
わたしが横を向いている隙にカゴにすとんと放り込む。

知らない間に、チョコボールが入っている。
知らない間に海苔が入っている。
知らない間にヤクルトが入っている。

それを奴らの知らない間に戻す。
時々は黙認して戻さない商品をカゴに入れたままにしておく。
このあたりの駆け引きが難しいものである。

さてその様子を簡単に説明すると
♪鮭、入れて、ウニ入れないで、ウニ戻す。
海苔、入れて、海苔入れたまま、チョコいれる。
鯵、入れて、挽肉入れてたまま、ケチャップいれて。

♪おもちゃ付き菓子入れて、菓子戻し、戻したつもりがまた入り・・・

さながら、手旗信号のゲームをしているようである。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2009-07-24 05:57
家で前から使っていたふりかけの入れ物、”てのり玉”をヒゲぴよにしてやった。
かなりみんなでウケた。

ヒゲぴよは子供たちが毎日楽しみにしている、教育テレビの「天才テレビくんMAX」中に放映される、アニメのキャラクターで、ひよこなのにヒゲがあって男らしい・・・
ヒゲぴよのホームページ中のヒゲぴよのブログ、「ピログ」がかわいくて可笑しいのでした。

f0199186_5312361.jpg
[PR]
by genkiyohou-shi | 2009-07-23 05:35
ギターの練習が全く出来ない内にもうギター教室の日となってしまった。
教室は13時から。
午前中、二人して必死で付け焼き刃をつける。

わたし「あ~、ダメだ、こりゃ、先生に謝らなきゃ。」
その1「でもさ、奇跡が起こるかもしれないよ!」

・・・楽器の上達を練習しないで、奇跡に頼る男。
あきらめているのだか、あきらめていないのだか・・・
やれやれ。
[PR]
by genkiyohou-shi | 2009-07-22 05:28
毎度のごとく、今日も夕飯の献立に困る。
で、隣にいたその2に相談した。

わたし「ねえ、ねえ、夕飯なににしようかな~?その2?」
その2「う~ん、カレーにする?」
わたし「いいね~!そんじゃカレーにするかっ!」
その2「じゃあさ、何カレーにする?」
  
ふむ、久ぶりにチキンもいいね、挽肉のでもいいけど・・・
何にしようかな・・・

その2「うんとね~、その2ね~ポケモンカレーがいいっ!」
 
え、あ。そっちか・・・
アンパンマンカレーとかシンケンジャーカレーとか、いろんな種類、あるもんね・・・
[PR]
by genkiyohou-shi | 2009-07-21 17:00
その1、その2、ともにただ今、ベイブレード(ベイゴマの事を今はこう呼ぶ)
に凝っている。
暇さえあれば、カチンカチンとベイゴマを戦わせて勝敗を競っている。
オモチャ会社の策略で、アニメ番組との連携戦略である。
アニメでは主人公の男の子が自分のベイブレードを武器に旅に出て、
次々おそってくる敵とバトルを繰り広げながら成長し、
大切なのは、あきらめない気持ちと友情と親子の愛と、
そしてこのベイゴマを買う事!と訴えているのである。
毎週、毎週。

今朝もベイブレードに励んでいるその1に、
わたしが「ねえ、宿題の朝顔の絵、描いちゃったら?」と言うと
気分を害したその1が猛り狂った。
その1「そんなの、今度やる~!!!」
わたし「だって、朝顔、すぐ花が咲き終わっちゃいそうなんだもん」
その1「知ってるーーーうるさい~~~。キイ~~」

とにかく今はやりたくなかったらしい。
物は投げるは、弟に八つ当たりするは、であんまりである。
ベイブレードだけつかんで、その1は部屋を出て行こうとした。

わたし「じゃ、いい。そんなにベイブレードだけやりたいんだったら、
    ベイブレードもって旅にでなっ!
    修行だ。全国回って、対戦相手探してやってきな。
    毎日、ベイブレードばっかりやればいい。
    テレビのマンガと同じじゃん、かっこいいから、その1も旅にでな。
    帰ってこなくていい。」
その1「やだ!!」
わたし「いいよ、いっといで。帰ってこなくていいから。」
その1「やだ!」
わたし「パパにも見送り、よろしくって言とく」
その1「や~だ~!!!」

その1は「もう、いいっ」とベイブレードの一式を投げ捨てると、
そばにあった、こちらも最近凝っている「uno」のカードゲームの箱をつかんで
部屋を飛び出して行ってしまった。

ベイブレードはやめたが、「uno」持って出て行ったか・・・
勝負師め・・・
[PR]
by genkiyohou-shi | 2009-07-20 15:10